読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ローグワン-スターウォーズ

お寒な中失礼します。

もうすぐセンター試験ですね。

受験生のみなさん最後の追い込み頑張ってください。

さて、映画を観てきました。

今年初映画はローグワン!

スターウォーズを映画館で観るのはエピソード7に続いて二回目でした。

さて、ストーリーをいうとエピソード4の前日譚になる今作、同盟軍がデススターの設計図を帝国軍から奪うまでのストーリー。

主人公はデススターを設計した男の娘(おとこのむすめ)。


彼女を中心として設計図を奪いにいきます。

主人公をはじめ、メインキャラクターは今までの本流のストーリーには登場しない人たちばかり。

ということはつまり…

4の最初でも言ってたので、まあここはネタバレにはならないと思いますが、同盟軍は大きな犠牲を払ってデススターの設計図を手に入れたのです。

そしてローグワンというタイトルの意味も劇中で明かされます。

ほとんど初めて登場のキャラクターですが、中にはお馴染みのキャラクターも登場します。

まあそんな感じの映画です

感想はなんか地味だなーって思いました。

戦闘シーンも地味だし

あと今回の映画ジェダイ出てこないんですよね。

個人的にはやっぱりジェダイは出てきてほしかったですよね。

ただラストは良かったと思います。

そこまでで本流の登場人物を出さなかったからこそ、最後のある人物が際立つといった手法を取ってたのなら納得です。

でもなんでこのタイミングでローグワン作ったかなーって思います。

エピソード8を待ってたのに、急に横槍が入って、まあ一応本流とも関係してるから見るよ、見るけどーって見て

まあ結末がわかってるだけに、そこに至る途中でお客さんを楽しませるように、もっと、迫力のあるシーンを入れて欲しかったってのはあります。

最後が良かったのであーよかったーって映画館を出ましたが、よくよく振り返ったら、果たして面白かったのかなーって思いました。

あ、でも3Dじゃなかったのも関係してるかもしれないです。

ローグワンは2D字幕で観たので。

多分3Dだとまた違ったんだろうなー。

でももう一回行く気にはなれないなー。

すみません。

スターウォーズに関してはにわかなのでこれを読んで、本当に好きな方の気を悪くさせてしまったかもしれません。

やっぱり好きな人は楽しめるんだろうなーって思いました。

いや、でも早くエピソード8作って欲しいです。

それだけです。