読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

棒人間

言われちまったなー

野田さんに
 
ラッドの棒人間の歌詞を見てそう思った

「笑顔と同情と謙遜と自己犠牲、朝起床と優しさと
優に一億は超えそうな必要事項を生きるのです」

すごい

ほんとにそう

なんでこの世はこんなにルールが多いんだ

シンプルに生きていたい

しかしそんな勇気も生憎持ち合わせてない

優しさ、謙虚さ、無意識にしてたことを意識した時点でもうどうしようもない

そうなったらもう取るべき行動は二つしかないと僕は思う

一つはとことん意識してそれと向き合う

もう一つは、はっきり諦める

そんなもの今まで知らなかったように振る舞う

人は簡単に大事なものなど捨てられない

捨てて捨てて諦めて拗ねて泣いて

それでもまだ残っているものだけを持って

必要最小限で生きていきたい

全てを捨てたら何が残るのだろうか

でも最後に残るのは意外と綺麗なものなんじゃないかと思っている

僕は性善説を信じている

基本人はいい人にしかなれないんじゃないか

たまに物凄く悪いやつになりたくなるけど

基本的にいいことを考えることの方が楽だし悪いことを考えるのは精神的に疲れる

なんか悔しいけど

人間は最終的にいい方向に向かいように出来ているのかもしれない

優しさ、謙虚さ、愛らしさなど人間性と結びつきそうな、そういったものを手放すことで人間性を取り戻すことが出来る

この逆説めいた命題を身をもって証明していくためにこれからも生きていきたい

ねぇ、僕は人間じゃあないんです

本当にごめんなさい

そっくりに出来てるもんで

よく間違われるのです