読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギターについて語る

みなさん新年おめでとうございます。

2017年も良い年にしていきたいものです。

ぼくは昨日と今日はゆっくり実家で過ごしました。

実家で過ごす正月がやっぱり一番ですね。

そして親戚とテレビをじっくり見ます。

紅白、ガキ使、お笑い番組、いろんな番組を観ました。

なかでもお正月の恒例番組と言えば芸能人格付けではないでしょうか。

芸能人が高級な肉と普通の肉を食べてどちらが高級かを当てるんです。

芸能人として食材や芸術への目利きがあるかが試されるという番組です。

中でも異色の存在がGACKT

絶対に外さないんです。

今回で46連勝。

今回は相棒のホリエモンがミスってしまいましたが、本人は今まで間違えたことがないんです。

これは驚くべきことですよね。

まあGACKTさんは普段から良いものを食べて、いいものを聴いて、いいものを見てるんでしょうが。

そんなにGACKTさんって金持ちなの?

なんでそんなに金持ちなの?

どこらへんで儲けてるのって不思議ですよね。

でもそんなのはわかんないです。

でも一つ言えるのはGACKTさんは多分お金無くても、セレブなんだろうなってことです。

例えば、今回のペアだったホリエモンはお金でいったらめっちゃ持ってます。

高級なものだって食べれるお金はあるけど、そうはしない。

そうしない理由はそれがそこまで好きじゃないからで、結局世の中のほとんどの人ってほとんどがそうだと思います。

あんまりうまく説明できないんですが

たとえぱ格式高い寿司屋。

あの雰囲気が好きな人がいれば、あれだと気疲れするからスシローとかの方がいいなあって思うひともいる、みたいな。

味わって一貫一貫を楽しむより、お腹いっぱいお寿司が食べられるスシロー。みたいな

世の中の人は絶対スシロー派が多いんじゃないかと。

それが、庶民感覚。

庶民感覚っていうと、なんか嫌ですよね。

僕は庶民感覚ってつまり合理的ということだと思います。
 
だって人は少しでも良いものを安く欲しいじゃないですか。

だから値段と価格との関係には敏感なんです。

この味なら、この価値がある。

って思う金額と実際の価値とのギャップは少ないほうがいいんです。

しかし高級なものはそのギャップが大きい。

これは合理的ではないんです。

だからもうそこはこだわりとか、愛とか、非合理的なものに繋がってしまう。
 
それに関連して、僕はギターをしてまして

ギターの価格と音についてちょっと聞いた話をします。

ギターは10万円までは性能と価格は相関していて

10万から50万くらいまでがプロが使うレベルで

そこから先はもう好みとか、こだわりとかになってくるらしいです。

ギターに限った話ではないでしょう。

話を戻すと高いものは合理的じゃないんです。

もうそれが好きとか、どうとかの話で、

つまりGACKTはもう元からそういうものが好きで

多分お金持ちじゃなくても、 

そういうのを頑張って食べてるんじゃないかなって思ってしまうんです。

GACKTはある意味非合理的な人間で

多くのひとはそこまではしないことをする人だから、珍しがられる。

そういう話だと思います。
 
別にどっちがいいとかないけど

高級なお肉は好きです。

高級なお肉食べたい。

そんな私は非合理的な人間です。