読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hands of gravity

ハイエイタスの新譜を買いました。
タイトルはhands of gravity
日本語だと重力の手。
ガッシュベルのブラゴを連想しました。
ブラゴは手から重力を操る攻撃をします。
ともかく待ちに待ったハイエイタスのアルバム。
全曲聴いてみてなんかアルバム全体のカラーが今回は前作に似てるような感じもありますが根本は違います。
どう違うかわかってもらえるように今から説明しますがかなり長くなってしまいます。
どうぞお付き合いください。
今までハイエイタスは最近はオーケストラを入れたり、打ち込みをしたり新しいことに挑戦していますがここに来てシンプルなところに戻ってきた感じがします。
それは、今までいろんなことに挑戦して一周回ってメンバーの力量もわかってきて、凝ったことでなくシンプルな曲を作ろうという気持ちになったのではないでしょうか。
シンプルと言いましたがこのシンプルという言葉の意味はちょっと一般に思われているバンドのシンプルと違います。
一般的にバンドにおいてシンプルとは
歪んだギター、エイトビートで、サビがキャッチーみたいなものだと思います。
しかしハイエイタスというバンドはメンバーのクセが強くて、メンバーにとってのシンプルがおそらく一般的なそれでは
ないのです。
まずみんな演奏技術が卓越してますし既にハイエイタス以前に組んでいたバンドで自分の個性をもう持っています。
たとえばドラムの柏倉さんとかも本当に捉えにくいリズムパターンをするんです。でもそれはあの人のくせのようなものです。
キーボードの伊澤さんは元東京事変のメンバーでかなりのクセものですし。
彼らにとってのスタンダードがエイトビートではないので当然一般的なシンプルとはずれてしまいます。
だから柏倉さんや伊澤さんが他に組んでいるバンドを知らなくて、エルレの延長だと思って聞くとなんと分かりにくい音楽だと思うと思います。
違うバンドのメンバーが集まればそれはぶつかるし簡単にはまとまらないと思います。
つまり個性的なメンバーが集まった結果個性がぶつかってしまって誰かが周りに合わせなければならなかった、そのためにどこか自由にやることが出来なかったと思います。
割と細美さんの個性が全面に出てるのが一作目二作目で三作目四作目を通じてメンバーの中でお互いのことが分かってきた結果お互いしたいことが出せるようになってきたんではないかと思います。
そして、メンバーがしたいことをした結果、シンプルになったのではないでしょうか。
ハイエイタスのシンプルとは、音がシンプルとかではなく、メンバー一人一人がしたいことをして要らない装飾部分を削っていった結果のシンプルであると思います。シンプルにやりたいことが出来たと思います。

あとは歌がすごく自然に耳に入ってくるなって思いました。
しかし歌のキャッチーさは以前より無くなってます。
なんでかなって思ったんですが、多分サビをキャッチーなものにしようという気持ちが無くなった結果、歌い方とかに無理が無くなってとても声がいい感じだからだと思いました。
実際サビがどこか分からない曲もあります。
なのに今までより歌がしっくりくるんです。
おそらくライブではアレンジとかもして歌うのではないかと思います。

キャッチーではないのはあまりウケはよくないかと思いますがハイエイタスのファンはそもそも曲のキャッチーさはそんなに期待してないのかもしれないし
その点で言えばファンは文句は無いと思います。

最後に一番好きなのはradioという曲です。バラードです。
細美さんの歌うバラードは本当に最高です。
まだそんなに聴いてないのでこれから聴き込んでいきたいです。