読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

賭け

大学の知り合いの人が野球でお金を賭けてたことがバレて、停学になったらしい。

僕はとても驚いた。

なんで、そんなことをしたんだっていう意味で驚いたのではなく。

そんなことが学校にばれたことに驚いた。

まあ多分誰かがそれを知って学校に連絡したんだろう。

しかし、そんなことをチクって自分に何の得があったんだろうか。

得はないけど悪いことを許せないということだろうか。

じゃあ、賭けって悪いことなの?

いや、法律違反だけど。

たしかにそれは法律違反にはなるかもしれないけど

もし電車で席を譲るなって法律が出来て、その上で席を譲ればそれは法律違反ですよね。

でも席を譲ることは人として間違ってないし

賭け自体は人として悪いことなのだろうか。

じゃあ、悪いってなんだろう。

体に悪いとか、資本主義は悪だ、とかの悪。

その悪いって言うのはどこかに害を与えるものだと思う

万引きならその万引きをされた店に害があるし

ドラッグなら体に害がある

だから分かりやすいし納得できる

しかし賭けはどうだろうか。

賭けは、負けても勝っても、自分と相手の中で完結している、と思う。

たしかに負けるのは自分に害があるとも言えなくもないが、それは自分が勝つこともあるわけで十中八九害を与える存在ではない。

そもそも合法的に認められた賭けがあること。

競馬、競輪、競艇など…

合法という存在と違法という存在

両者には賭けの性質としては違いは無いように思える。

じゃあ一体なぜなのか。

俗にギャンブル依存性という人がいる。

ギャンブルに依存して多額の借金をする人だが、社会的にはわかりやすく悪である。

こうした依存者を出してしまうギャンブルが悪だという言い分はあるかもしれない。

しかし、同じことは他の依存症にも言える。

買い物をするのが止められず、借金を重ねてしまう買い物依存症

依存しやすいものは確かにあるけれど、それだけのために規制するのもなんか違う。

一体なんなんだろう。

なぜ賭けはだめなのか。

国が認めたら合法だし

国が取り締まらなければ違法なものも、堂々と出来る。

そこらの雀荘のほとんどは賭けてやっているという。

違法だけれど、数が増えすぎて取り締まれないほどになれば、それはもう堂々とやれる。

とにかく賭け自体に本質的な悪さって無いと思う。

そもそも人生だってある種の賭けではないか。

みんな人生賭けて、毎日過ごしてんだ。

ふざけんなよ。

このだれに向けたらいいか分からない気持ちをなんと呼ぼう。

とりあえずその知り合いに言いたい。

どんまい。
 




そこのみにて光輝く

こんにちは

寒い日が続きますね。

そして、今日はセンター試験1日目ということで

受験生の皆さんお疲れ様です。

今日良かった人も悪かった人も

一回リセットして明日に向けて寝てください

がんばれ受験生!

今日は久々に何もない休日で

まあ急に予定がない休日がくると

何をしたらいいか悩みました。

とりあえず散髪に行って

で、映画を借りてきて見ました。

そこのみにて光輝く、というタイトルの邦画です。

ストーリー
  主人公の綾野剛演じる無職の男が寂れた町で暮らし始め、そこで菅田将暉演じる青年と知り合います。
  そして綾野剛は彼の姉であるチナツに次第に惹かれていきます。
  物語は好転したり悪い方に転がったりして最終的には…

感想はまず、ぼくはあんまりかなーって思いました。

というのも、この映画でストーリーが展開していくのがすごくゆっくりで

見る人にとっては間延びした印象を受けると思いました。

原作がそういう話なのかもしれませんが

それにしても演出もかなり退廃的な感じを押し出しすぎてて

なんか見てて気分が落ち込んできますよね。

だから、主人公の日常を見ててちょっとしんどかったです。

加えてこの主人公に全然共感出来ないんです。

なんかそんなに悩みとか無さそうなのに荒んでるし、こんなイケメンなのになんでこんなダメな生活してんの?都会行ったらもっといい暮らしできるでしょ?なんなの、こいつー

って思ってて、まあ後半にこの人が抱える闇が少しわかって多少は同情しますが、それにしてもなぜ綾野剛ともあろう人が…

新宿でホストの勧誘でもやれば成功しそうなのに笑

なぜこんなに言うかっていうと、

菅田将暉の家庭が悲惨すぎるんです。

なのに菅田将暉はめちゃくちゃ明るい。

一方で綾野剛はそこそこいい暮らししてるのに暗い

おれは闇を抱えてますよ的な感じで暗〜い綾野剛に全然乗れない。

いやいや、お前菅田さん家見てみろよ

圧倒的に救いが無いぞーって思っちゃうんです。

ただ菅田将暉の底抜けの明るさに見てて救われました。

この映画の救いは彼ですね。

イケメン系の役の菅田将暉あんまり好きじゃなかったんですけど、今回の役はすごい良かったです。

とにかく綾野剛に共感出来ないため、そこは本当に、少ない登場人物で話をすすめるのなら一つ一つのキャラ設定を見てる人に違和感なく入るようにしっかり作って欲しかったです。

ただ菅田将暉が登場してからは彼を応援出来たため良かったです。

それだけに結末は思わず涙がでました。

この映画の主役は綾野剛じゃない。


そんな映画です。

そしてこの映画、とにかくたばこを吸ってるシーンが多い。

綾野剛は全編通してずっとたばこを吸ってた印象。

たばこがめっちゃ似合う綾野剛

こんだけたばこが様になる俳優さんもそうはいないでしょうね。

書いてたら意外と書くこと出てくるので、意外と心に残ってる映画なのかもしれない…

最後に、この映画の語りポイントはこれではないでしょうか。
 
菅田将暉は結局、綾野剛に出会わない方が良かったのか、出会った方が良かったのか…

ここが意見の分かれるところではないでしょうか。

ぼくは出会うべきだと思います。

ということで

週末映画のコーナーでした笑








ローグワン-スターウォーズ

お寒な中失礼します。

もうすぐセンター試験ですね。

受験生のみなさん最後の追い込み頑張ってください。

さて、映画を観てきました。

今年初映画はローグワン!

スターウォーズを映画館で観るのはエピソード7に続いて二回目でした。

さて、ストーリーをいうとエピソード4の前日譚になる今作、同盟軍がデススターの設計図を帝国軍から奪うまでのストーリー。

主人公はデススターを設計した男の娘(おとこのむすめ)。


彼女を中心として設計図を奪いにいきます。

主人公をはじめ、メインキャラクターは今までの本流のストーリーには登場しない人たちばかり。

ということはつまり…

4の最初でも言ってたので、まあここはネタバレにはならないと思いますが、同盟軍は大きな犠牲を払ってデススターの設計図を手に入れたのです。

そしてローグワンというタイトルの意味も劇中で明かされます。

ほとんど初めて登場のキャラクターですが、中にはお馴染みのキャラクターも登場します。

まあそんな感じの映画です

感想はなんか地味だなーって思いました。

戦闘シーンも地味だし

あと今回の映画ジェダイ出てこないんですよね。

個人的にはやっぱりジェダイは出てきてほしかったですよね。

ただラストは良かったと思います。

そこまでで本流の登場人物を出さなかったからこそ、最後のある人物が際立つといった手法を取ってたのなら納得です。

でもなんでこのタイミングでローグワン作ったかなーって思います。

エピソード8を待ってたのに、急に横槍が入って、まあ一応本流とも関係してるから見るよ、見るけどーって見て

まあ結末がわかってるだけに、そこに至る途中でお客さんを楽しませるように、もっと、迫力のあるシーンを入れて欲しかったってのはあります。

最後が良かったのであーよかったーって映画館を出ましたが、よくよく振り返ったら、果たして面白かったのかなーって思いました。

あ、でも3Dじゃなかったのも関係してるかもしれないです。

ローグワンは2D字幕で観たので。

多分3Dだとまた違ったんだろうなー。

でももう一回行く気にはなれないなー。

すみません。

スターウォーズに関してはにわかなのでこれを読んで、本当に好きな方の気を悪くさせてしまったかもしれません。

やっぱり好きな人は楽しめるんだろうなーって思いました。

いや、でも早くエピソード8作って欲しいです。

それだけです。





 






買い出し

今日は買い物に行きました。

買ったのは

手帳

携帯のポータブル充電器

まんが二冊

カポ


ほとんど欲しいものというより必要なものですね。

こんなに寒いのにロフトはお客さんで混んでました。

物欲は恐ろしいですね。

買うつもりなくても見てるうちに欲しくなってくるので気をつけないと。

今年はちゃんとこまめに手帳にいろいろ書いていきたいですね。







棒人間

言われちまったなー

野田さんに
 
ラッドの棒人間の歌詞を見てそう思った

「笑顔と同情と謙遜と自己犠牲、朝起床と優しさと
優に一億は超えそうな必要事項を生きるのです」

すごい

ほんとにそう

なんでこの世はこんなにルールが多いんだ

シンプルに生きていたい

しかしそんな勇気も生憎持ち合わせてない

優しさ、謙虚さ、無意識にしてたことを意識した時点でもうどうしようもない

そうなったらもう取るべき行動は二つしかないと僕は思う

一つはとことん意識してそれと向き合う

もう一つは、はっきり諦める

そんなもの今まで知らなかったように振る舞う

人は簡単に大事なものなど捨てられない

捨てて捨てて諦めて拗ねて泣いて

それでもまだ残っているものだけを持って

必要最小限で生きていきたい

全てを捨てたら何が残るのだろうか

でも最後に残るのは意外と綺麗なものなんじゃないかと思っている

僕は性善説を信じている

基本人はいい人にしかなれないんじゃないか

たまに物凄く悪いやつになりたくなるけど

基本的にいいことを考えることの方が楽だし悪いことを考えるのは精神的に疲れる

なんか悔しいけど

人間は最終的にいい方向に向かいように出来ているのかもしれない

優しさ、謙虚さ、愛らしさなど人間性と結びつきそうな、そういったものを手放すことで人間性を取り戻すことが出来る

この逆説めいた命題を身をもって証明していくためにこれからも生きていきたい

ねぇ、僕は人間じゃあないんです

本当にごめんなさい

そっくりに出来てるもんで

よく間違われるのです







ギターについて語る

みなさん新年おめでとうございます。

2017年も良い年にしていきたいものです。

ぼくは昨日と今日はゆっくり実家で過ごしました。

実家で過ごす正月がやっぱり一番ですね。

そして親戚とテレビをじっくり見ます。

紅白、ガキ使、お笑い番組、いろんな番組を観ました。

なかでもお正月の恒例番組と言えば芸能人格付けではないでしょうか。

芸能人が高級な肉と普通の肉を食べてどちらが高級かを当てるんです。

芸能人として食材や芸術への目利きがあるかが試されるという番組です。

中でも異色の存在がGACKT

絶対に外さないんです。

今回で46連勝。

今回は相棒のホリエモンがミスってしまいましたが、本人は今まで間違えたことがないんです。

これは驚くべきことですよね。

まあGACKTさんは普段から良いものを食べて、いいものを聴いて、いいものを見てるんでしょうが。

そんなにGACKTさんって金持ちなの?

なんでそんなに金持ちなの?

どこらへんで儲けてるのって不思議ですよね。

でもそんなのはわかんないです。

でも一つ言えるのはGACKTさんは多分お金無くても、セレブなんだろうなってことです。

例えば、今回のペアだったホリエモンはお金でいったらめっちゃ持ってます。

高級なものだって食べれるお金はあるけど、そうはしない。

そうしない理由はそれがそこまで好きじゃないからで、結局世の中のほとんどの人ってほとんどがそうだと思います。

あんまりうまく説明できないんですが

たとえぱ格式高い寿司屋。

あの雰囲気が好きな人がいれば、あれだと気疲れするからスシローとかの方がいいなあって思うひともいる、みたいな。

味わって一貫一貫を楽しむより、お腹いっぱいお寿司が食べられるスシロー。みたいな

世の中の人は絶対スシロー派が多いんじゃないかと。

それが、庶民感覚。

庶民感覚っていうと、なんか嫌ですよね。

僕は庶民感覚ってつまり合理的ということだと思います。
 
だって人は少しでも良いものを安く欲しいじゃないですか。

だから値段と価格との関係には敏感なんです。

この味なら、この価値がある。

って思う金額と実際の価値とのギャップは少ないほうがいいんです。

しかし高級なものはそのギャップが大きい。

これは合理的ではないんです。

だからもうそこはこだわりとか、愛とか、非合理的なものに繋がってしまう。
 
それに関連して、僕はギターをしてまして

ギターの価格と音についてちょっと聞いた話をします。

ギターは10万円までは性能と価格は相関していて

10万から50万くらいまでがプロが使うレベルで

そこから先はもう好みとか、こだわりとかになってくるらしいです。

ギターに限った話ではないでしょう。

話を戻すと高いものは合理的じゃないんです。

もうそれが好きとか、どうとかの話で、

つまりGACKTはもう元からそういうものが好きで

多分お金持ちじゃなくても、 

そういうのを頑張って食べてるんじゃないかなって思ってしまうんです。

GACKTはある意味非合理的な人間で

多くのひとはそこまではしないことをする人だから、珍しがられる。

そういう話だと思います。
 
別にどっちがいいとかないけど

高級なお肉は好きです。

高級なお肉食べたい。

そんな私は非合理的な人間です。






2016年 シネマランキング

こんにちは

年末いかがお過ごしですか

私は明日提出の卒論を進めてます。

時間がない。

あと文字数でいうと

8000字。

息を吐くように文字を打ち込みます。

さて、今年もあと3日で終わるというこ
とで今年見た映画のランキングをしてみました。

しかし、大層なものではございません。

今年映画館で見た映画を数えたら12本でした。

これだけではランキングとして辛いのでレンタルしたのも入れさせてください…

あと今年公開じゃないやつも入れさせてください… 


ほんとに見てるんも全国ロードショーしてるんばっかりのミーハーの意見なんで軽く流し読みで結構です。


きっとあなたが見た映画も入っているはずです

すみません長くなりました。

じゃあ  いきます


はい、最高です。映像超綺麗。

ぜんぜんぜんせの流れるタイミングが
鳥肌でした。

9位 貞子vs伽倻子

ホラー苦手だったけど、終わったあとすごく人に語りたくなる映画でした。

最後の展開はね。あれだったね。


キツネかっこいい。

7位 インサイドヘッド

またしてもディズニー。

今年の映画ではないです。

6位 トイレのピエタ

今年の映画ではないですが

野田さんすげーってなりました。

君の名は。も含めて野田さんは天才ですね。


のんさんの声がよかったです。

4位 ちはやふる 上の句

そこまで期待はしてなかったんですが

熱かった。

広瀬すずはすごい。

でも広瀬さん映画今年何本出てんのって


これはレンタルで見た作品

いや、すごい

監督は『桐島、部活やめるってよ。』の吉田大八さん

こういう映画好きなんですよね。

佐藤江梨子さんのクソっぷりが素晴らしい。

2位! 


すごかった!

割と今旬の俳優さん、女優さんが集まってるのに映画自体はかなり攻めてる。

ほんとに有村架純かわいい。

1位!!


これもレンタルで見たやつですが

ほんとに怖い。

貞子vs伽倻子がジャパニーズホラーの怖さなら、こっちは人間の怖さ

ほんとに森田剛演じる森田が怖い。

最悪の人間ですが

誰でもああなる可能性があるのかもしれないと思いました。

多くの人が言ってますが、

オープニングクレジットの入るタイミングが秀逸

実は今回選んだ基準には自分なりの基準があって、それは映画が時間を忘れて観れたかどうか、です。

その点でスリルのある映画が前に来てしまいがちですが、他の映画もほんとに面白かったです。

ではそろそろ卒論に戻ります。

これで1043文字…


ではみなさん良い年末をお過ごしください。